2021年2月の稽古日程

2月6日・13日・20日・27日(土)
2月7日・14日・21日・28(日)
午前9時~11時 (雨天中止)

場所:雑司が谷みみずく公園(豊島区雑司が谷3-15-20)
   ※雑司が谷鬼子母神堂のとなり です。

   ●ドロップイン参加(1回3000円)受付中です。

お問い合せ・ドロップインのお申し込みは bidoukan1954@gmail.com まで。

  【太極拳教室】
   午前10時~11時(雨天中止)
   場所:同上 雑司が谷みみずく公園
   太極拳教室は、予約不要です。開始時間に開場にお集まり下さい。
   ●参加費 1回 1000円



2021年1月の稽古日程

1月9日・16日・23日・30日(土)
1月10日・17日・24日・31日(日)
午前9時~11時
場所 雑司が谷みみずく公園
ドロップイン 3000円(要予約)

☆易筋経講習会
1月17日(日)
午前11時30分~午後1時 (要予約)
場所 雑司が谷みみずく公園
 受講料 5000円

☆太極拳教室
 1月10日・17日・24日・31日(日)
 午前10時~11時  ※予約不要・直接会場へお越しください。
 1回 1000円
 場所 雑司が谷みみずく公園


お問い合せは  bidoukan1954@gmail.com


今後(11月~12月)の稽古日程

11月21日・28日(土)
11月22日・29日(日)
12月5日・12日・19日・26日(土)
12月6日・13日・20日・27日(日)

午前9時~11時(雨天中止)
場所 雑司が谷みみずく公園
ドロップイン 1回3000円

ドロップインのお申し込みはこちらから→ドロップイン申込フォームへ


2020年11月の稽古日程

11月1日・8日・15日・22日・29日(日)
11月7日・14日・21日・28日(土)

☆時間 午前9時~11時☆場所 雑司が谷みみずく公園 (雑司が谷3-15-20)

※雨天中止です※

☆ドロップインで稽古に参加しませんか☆

続くかどうか分からない・来週の予定が立たない・たまたま東京に立ち寄る・・・どんな理由でも歓迎します!
ドロップインのお申し込みはこちらから→ドロップイン申込フォームへ

首席師範初の著書
「昭和の武人 櫻公路一顱先生の教え」
好評発売中です!
ぜひ書店でお手にとってご覧下さい。

すでに読んで下さった方へ・・・ご感想をお寄せいただければ幸いです。

お知らせ(2020年7月の稽古日程)


7月4日・11日・18日・25日(土)

7月5日・12日・19日・26日(日)

時間 午前9時~11時

☆場所 雑司が谷みみずく公園 (雑司が谷3-15-20)

※雨天中止です。

ドロップインの予約はこちら→ ドロップイン申込

躾道館入会のご案内はこちら→ 入会案内

お問い合せはこちらへ bidoukan1954@gmail.com

「昭和の武人 櫻公路一顱先生の教え」(壮神社)好評発売中!
ご感想をぜひお寄せ下さい。 bidoukan1954@gmail.com

お知らせ(2020年6月の稽古日程)

6月6日・13日・20日・27日(土)
6月7日・14日・21日・29日(日)
☆時間 午前9時~11時
☆場所 雑司が谷みみずく公園 (雑司が谷3-15-20)
※雨天中止です。

ドロップインの予約はこちら→ ドロップイン申込

躾道館入会のご案内はこちら→ 入会案内

お問い合せはこちらへ bidoukan1954@gmail.com

「昭和の武人 櫻公路一顱先生の教え」(壮神社)好評発売中!
ご感想をぜひお寄せ下さい。 bidoukan1954@gmail.com

お知らせ(2020.3.27)

躾道館・拳法部の稽古について

通常の稽古は雑司が谷みみずく公園で、雨天の場合は本部道場で行っておりましたが、当分のあいだ、雨天の場合は、太極拳教室同様に「稽古を中止」します。

みなさんにはご迷惑をおかけいたしますがよろしくご協力下さい。

問い合せ先  bidoukan1954@gmail.com
躾道館 首席師範 小林直樹

お知らせ(2020.3.17)

3月15日に開催しましたセミナーを「新・空手道」藍原しんや様に取材していただきました。

セミナーの様子を総合空手道マガジン「新・空手道」のホームページからご覧いただけます。

新・空手道ホームページへ

総合空手マガジン「新・空手道」とは・・・
「昭和31年に空手時報社により発行された「空手道」。その後、昭和52年に福昌堂から「空手道」が継続発行されたが、平成27年に廃刊となる。2020年の東京オリンピックから空手が正式種目になることにより、空手への注目・関心が高まる中、空手の流派会派を越えた総合空手雑誌がなく、ここにかつての先達が志してきたものを受け継ぎ、空手雑誌「新・空手道」を立ち上げます。空手界、空手人、空手に関する物を取材して紹介。伝統空手、フルコンタクト空手、沖縄空手、オリンピック空手を対象とする。今日のメディア状況を考慮した紙媒体とネット媒体(ホームページ「新・空手道」随時更新)をリンクさせた活動をしていきます。」(新・空手道HPより転載しました)